静岡県 高速バス

~東名スーパーライナー 東京八重洲ー東名静岡 JRバステック担当便~

投稿日:

とある日・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ピタヤ:「東京駅だ、八重洲口に向かおう走る人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「朝早くでも人が多いあせあせ (飛び散る汗)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「八重洲の高速バス乗り場についたぞわーい (嬉しい顔)

アナウンス:「特急東名ハイウエイバス名古屋行き9番乗り場到着です」

ピタヤ:「さて行くか走る人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「中央道経由や新東名を走る超特急もあるのかわーい (嬉しい顔)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「バス来たぞ!ISUZUのガーラだ目

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「けっこう乗ってるな目

アナウンス:「この車両は東名スーパーライナー51号名古屋行きです。名古屋駅到着時刻は12時56分を予定しております途中、足柄SA、日本平PA、浜名湖SAで休憩します。」

ピタヤ:「なんと約6時間あせあせ (飛び散る汗)まあオレは静岡で降りるから良いかもうやだ〜 (悲しい顔)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

運転士:「休憩地点の足柄SAに到着です。」

ピタヤ:「10分間の休憩のようだ目

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「富士山は富士山・・・見えないや冷や汗 (顔)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「次は晴れてる時に来ようるんるん (音符)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「昔はもっとボロかったのに今はオシャレになったなわーい (嬉しい顔)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「どれもおいしそううれしい顔さくらんぼ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「足柄の金時山は金太郎で有名だなチャペル

金時山は、箱根山の北西部に位置する標高1,212mの山である。日本三百名山のひとつ。江戸時代になると、坂田金時(坂田公時とも)の故郷が足柄山であるとした「金太郎伝説」ができ、この頃から金時山(別表記:公時山、きんときやま)と呼ばれるようになった。その後、1900年(明治33年)に童謡「金太郎」がつくられ、広く知れ渡るようになった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ピタヤ:「JRの路線バスは優遇されてるな専用の所に停められるようだバス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ピタヤ:「なぜペプシあせあせ (飛び散る汗)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「あの二階建てのバスは大阪行きだって目今度あれに乗ろうわーい (嬉しい顔)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

運転士:「東名静岡に到着です。お忘れ物なさいませんようご注意下さい」

ピタヤ:「着いたようだ目鉄道の駅名表みたいだなあせあせ (飛び散る汗)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「静岡インターの所にバス停があるのかひらめき

静岡インターチェンジは、静岡県静岡市駿河区の東名高速道路上にあるインターチェンジである。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ピタヤ:「さて静岡の街を散策しようわーい (嬉しい顔)

次に続く・・・

 

-静岡県, 高速バス

執筆者:


関連記事

~ニュースター号 東京八重洲→仙台駅 東北急行便~

スポンサーリンク とある日・・・ ピタヤ:「たまには東北行こうかな」 アナウンス:「次は東京です」 ピタヤ:「お特急ひたちE657系だ」 ひたちおよびときわは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が主に品川駅 …

~弥生時代を巡る 登呂遺跡 静岡県静岡市駿河区より~

前回からの続き・・・     ピタヤ:「見えて来たぞ!」 ピタヤ:「ここが登呂遺跡か」 登呂遺跡(とろいせき)は、静岡県静岡市駿河区登呂五丁目にある、弥生時代の集落・水田遺跡。19 …

~あぶくま号 福島駅→王子駅 JRバス東北担当便~

前回からの続き・・・ スポンサーリンク ピタヤ:「そろそろバスが入線する時間だな」 ピタヤ:「ここから大阪にも行けるのか」 ピタヤ:「あぶくま号来たぞ三菱エアロエースだ」 あぶくま号(あぶくまごう)は …

~THEアクセス成田 東京駅→成田空港 JRバス関東担当便~

とある日・・・ アナウンス:「次は東京~東京~」 ピタヤ:「ついたようだ」   駅員:「山手線最終列車です」 ピタヤ:「終電の時間か」 ピタヤ:「営業終了しているようだ」 ピタヤ:「全然人い …

〜踊り子号で行く伊東周遊 後編 静岡県伊東市より〜

スポンサーリンク 前回からの続き・・・ ピタヤ:「バスで行こう」 ピタヤ:「着いたようだ伊東駅から40分ってところか」 ピタヤ:「カピバラが風呂入るんだって」 ピタヤ:「入口まで送迎してくれるのか」 …