埼玉県

~東上線で行くぶらり旅 前編 埼玉県毛呂山町より~

投稿日:2016年12月31日 更新日:

スポンサーリンク

アナウンス:「次は池袋~池袋~」

ピタヤ:「東上線に乗り換えだ走る人

東上本線とは、東京都豊島区の池袋駅から埼玉県大里郡寄居町の寄居駅までを結ぶ東武鉄道の鉄道路線。越生線とともに東上線を構成する。

ピタヤ:「急行と準急どっちが速いんだ?」

池袋 – 和光市間をのぞき、普通列車(各駅停車)は東京地下鉄(東京メトロ)有楽町線・副都心線(東急東横線・みなとみらい線)直通列車を中心に設定されている。和光市 – 志木間は都市高速鉄道13号線として計画されていた区間であり、この区間は東上線で唯一の複々線区間であると共に踏切も一切設置されておらず速達列車は高速運転が可能となっている。

ピタヤ:「東武10000系だ電車渋いうれしい顔

ピタヤ:「さて乗るか走る人下りだからガラガラだな~」

アナウンス:「次は坂戸です。越生線はお乗り換えです。」

ピタヤ:「着いたようだ目

ピタヤ:「お!フライング東上号カラーの8000系だわーい (嬉しい顔)乗れてラッキー決定 (OK)

1949年から1962年まで、モハ5310形・クハ350形を使用した有料特急「フライング東上」が、春と秋の行楽シーズンの休日に運転されていた。この愛称はイギリス国鉄(当時)の「フライング・スコッツマン」にあやかったもので、車両は濃い青に黄色の帯の塗装で専用のヘッドマークも用意されたほか、音楽を流す放送装置を備え「ミュージックカー」と称していた。

東上線全線開通90周年記念として50090系(10両 51092編成)・8000系(4両 8198編成)のそれぞれ1編成ずつを「フライング東上」専用車両使用当時の濃い青と黄帯のカラーとし、当時のヘッドマークを模したヘッドマークを付けて運行を開始している。

アナウンス:「次は東毛呂です。」

ピタヤ:「池袋から1時間でこのローカル感目

東毛呂駅(ひがしもろえき)は、埼玉県入間郡毛呂山町岩井東二丁目1番地1にある、東武鉄道越生線の駅である。

ピタヤ:「見どころも多そうだグッド (上向き矢印)

ピタヤ:「山間の小さな町だな~るんるん (音符)

毛呂山町(もろやままち)は、埼玉県南西部にある人口約3万5千人の町。
西部は自然が残る外秩父山地、北東には岩殿丘陵がかすめ、東部は水田が広がる低地、中央部をJR八高線と東武越生線が走り、沿線を中心に宅地化が進んでいる。果樹園が多く、特にユズの産地として知られている。

ピタヤ:「ここが出雲伊波比神社かいい気分 (温泉)

ピタヤ:「本殿はこの上か走る人

ピタヤ:「猫増えて困ってるようだ冷や汗2 (顔)

ピタヤ:「身を清めて・・・」

ピタヤ:「お参りしようひらめき

古式ゆかしい「やぶさめ」で有名な神社。毛呂山町のほぼ中央、小高い独立丘陵である臥龍山の上に位置しています。

ピタヤ:「なんだこっちにも入口があったのかふらふら

ピタヤ:「あ!ネコ猫

ピタヤ:「ずいぶんネコが多いな目

埼玉県毛呂山町の出雲伊波比神社でここ数年、野良猫が増え続け、話題になっている。いつの間にか神社にすみ着き、インターネット上では「猫神社といっても過言ではない」などの書き込みも。 神社の設備が猫の爪で傷つくなどの被害も出ていて、関係者は「これ以上猫を増やさないためにも、勝手に餌を与えたりしないで」と訴えている。

ピタヤ:「みんな大変みたいだけど達者で暮らしてくれよがまん顔

ピタヤ:「さてそろそろ行くか走る人

次に続く・・・

-埼玉県

執筆者:


関連記事

no image

~ふらり北関東?三県の境界 埼玉県加須市より~

スポンサーリンク ピタヤ:「東武柳生駅に着いたぞ」 柳生駅(やぎゅうえき)は、埼玉県加須市小野袋にある東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 06。 ピタヤ:「渡良瀬遊水地か」 ピタヤ:「のどかな風景 …

~時を越えて甦る・・鉄道博物館 埼玉県さいたま市より~

前回からの続き・・・ ピタヤ:「お?さっそくD51のカットモデルだ」 ピタヤ:「足元のタイルが時刻表になってるあおばってのがあったのかやまびこは今でもあるな」 東北新幹線の各駅停車型列車(東海道・山陽 …

~時を越えて甦る・・鉄道博物館 その2 埼玉県さいたま市より~

前回からの続き・・・ ピタヤ:「いやに厳重だな歴代のお召し列車のようだ」 お召し列車(おめしれっしゃ)とは、天皇、皇后、皇太后が使うために特別に運行される列車である。 ピタヤ:「お!寝台車だ」 寝台車 …

~時を越えて甦る・・鉄道博物館 その3 埼玉県さいたま市より~

前回からの続き・・・ ピタヤ:「わーい0系だ」 新幹線0系電車は、日本国有鉄道が1964年(昭和39年)の東海道新幹線開業用に開発した、初代の営業用新幹線電車である。 ピタヤ:「新幹線は日本独自の技術 …

〜東上線で行くぶらり旅 後編 埼玉県坂戸市より〜

前回からの続き・・・ スポンサーリンク ピタヤ:「東武8000系もこちらでは現役なんだなあ」 伊勢崎線浅草 – 館林間と日光線東武動物公園 – 南栗橋間での定期営業列車の運用は …