茨城県

~常陸国一宮 鹿島神宮 茨城県鹿嶋市より~

投稿日:2015年7月8日 更新日:

前回からの続き・・・

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「鹿島神宮はこっちか走る人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「鳥居があるぞ次項有

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「ここが鹿島神宮かわーい (嬉しい顔)

鹿島神宮は、茨城県鹿嶋市宮中にある神社。式内社(名神大社)、常陸国一宮。全国にある鹿島神社の総本社。千葉県香取市の香取神宮、茨城県神栖市の息栖神社とともに東国三社の一社。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「でかい鳥居だなあひらめき

歴代の武家政権からは武神として崇敬された。現在も武道では篤く信仰される神社である。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「身を清めてよう。もうやり方見なくても清めの作法が出来るようになったなあるんるん (音符)

まずは一礼をし右手で柄杓を取り、手水を掬う。最初に左手を清め、柄杓を左手に持ち替えて右手を清める。もう一度右手にその柄杓を持ち替え、左の手のひらに少量の水を溜めて(柄杓に直接口をつけない)その水を口に含み、音を立てずにすすいで口を清めた後、左手で口元を隠してそっと吐き出す。左手をもう一度清め、柄の首を片手で持ち、やや立てるように傾け、残った水が柄の部分を洗うように手を使い流す。柄杓を元の位置に静かに戻す。最後にもう一度一礼をする

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「立派な門だ目

境内の参道には西面して楼門が立つが、この楼門は「日本三大楼門」の1つに数えられる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「お参りしていこう。ここは戦いの神様が祭られているようだパンチ

鹿島神宮の主祭神はタケミカヅチ(武甕槌/建御雷)として知られる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「本殿は日光東照宮みたいに豪華だ。立入禁止だからこの角度から撮るのが限界だぜあせあせ (飛び散る汗)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「さらに奥にいってみよう走る人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「さざれ石だ目

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「鹿がいっぱい居るわーい (嬉しい顔)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「奈良の鹿とちがって放し飼いじゃないんだな目

境内には鹿園があり、神使(神の使い)の30数頭の日本鹿が飼育されている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「フェンス舐めてるぞ?美味いのかなexclamation and question

『古事記』によると、天照大神の命をタケミカヅチに伝えたのは天迦久神(あめのかくのかみ)とされる[5]。この「カク」は「鹿児」すなわち鹿に由来する神とされることに基づき、神宮では鹿を使いとするという。春日大社の創建に際しては、白い神鹿の背に分霊を乗せ多くの鹿を引き連れて出発し、1年かけて奈良まで行ったと伝えられており、奈良の鹿も鹿島神宮の発祥とされている。

ピタヤ:「奈良公園の鹿は鹿島から連れてきたのか山羊座まあ大昔の話だがあせあせ (飛び散る汗)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「奥宮かon

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「池がある目

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「鯉よ来いダッシュ (走り出すさま)きれいな水だなあ霧

御手洗池(みたらしいけ)は、神宮境内の東方に位置する神池。潔斎(禊)の地。古くは西の一の鳥居がある大船津から舟でこの地まで進み、潔斎をしてから神宮に参拝したと考えられており、「御手洗」の池名もそれに由来するとされている

ピタヤ:「昔はこのあたりまで海だったのかあせあせ (飛び散る汗)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「芭蕉の句だるんるん (音符)芭蕉はここにも来た事があるのか!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「なにがあるんだろう?」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「なんだ石か冷や汗 (顔)

要石(かなめいし)は、境内東方に位置する霊石。

かつて、地震は地中に棲む大鯰(おおなまず)が起こすものと考えられていたため、要石はその大鯰を押さえつける地震からの守り神として信仰された。要石は大鯰の頭と尾を抑える杭であるといい、見た目は小さいが地中部分は大きく決して抜くことはできないと言い伝えられている。『水戸黄門仁徳録』によれば、水戸藩主徳川光圀が7日7晩要石の周りを掘らせたが、穴は翌朝には元に戻ってしまい根元には届かなかったという。

ピタヤ:「ただの石じゃないわけだ目

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「小林一茶も来た事があるのか目けっこう有名人が来てるんだな~」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「さて駅に向かおう走る人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「つかはら「と」でん?」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「どうやら「ぼくでん」と読むようだ冷や汗2 (顔)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「そいやこんな看板あったなあせあせ (飛び散る汗)ぼくでん君ってそのまんまだマル秘

塚原 卜伝(つかはら ぼくでん)は、日本の戦国時代の剣士、兵法家。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

幾度も真剣勝負に臨みつつ一度も刀傷を受けなかった」などの伝説により後世に剣聖と謳われ、好んで講談の題材とされ、広く知られた。

ピタヤ:「超強かったのかひらめき

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「アントラーズは鹿嶋市がホームタウンだったなわーい (嬉しい顔)なるほど鹿にちなんだ名前だ山羊座

Jリーグ鹿島アントラーズのホームタウン(他に潮来市、神栖市、鉾田市、行方市)の中心であり、関東でも有数の「サッカーの街」としても有名である。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピタヤ:「駅についたぞわーい (嬉しい顔)鹿島神宮から10分くらいってところか」

次に続く・・・

 

-茨城県

執筆者:


関連記事

~海のリゾート大洗へ 茨城県大洗町より~

前回からの続き・・・ スポンサーリンク ピタヤ:「大洗行くか」 ピタヤ:「大洗鹿島線は8番乗り場か」 ピタヤ:「6000形だ」 ピタヤ:「気動車だからスゲー音だ!この振動が良いんだよ」 ディーゼルエン …

~海と空と緑がともだち ひたちなか 茨城県ひたちなか市より~

前回からの続き・・・ ピタヤ:「赤塚駅は以外に乗客が多い」 ピタヤ:「特急も停まるようだ」 赤塚駅(あかつかえき)は、茨城県水戸市赤塚一丁目にある、東日本旅客鉄道常磐線の駅である。 昼間時間帯を除いて …

~早春の香りに誘われて水戸へ 茨城県水戸市より~

スポンサーリンク ピタヤ:「梅の時期か、たまには茨城も行ってみよう」 ピタヤ:「おなじみの上野駅だ」 ピタヤ:「E657系だ!さっそく停まってるぞ」 ピタヤ:「常磐特急には自由席が無いんだよな」 ひた …

~早春の香りに誘われて水戸へ その2 茨城県水戸市より~ 

前回からの続き・・・ スポンサーリンク ピタヤ:「弘道館行ってみよう」 ピタヤ:「こっちかしら」 ピタヤ:「中学校のようだ」 ピタヤ:「大日本史は有名だな」 『大日本史』は、日本の歴史書。江戸時代に御 …

~人と文化の交差点 水戸 茨城県水戸市より~

前回からの続き・・・ ピタヤ:「鹿島臨海鉄道は昼間は毎時1本か」 鹿島臨海鉄道株式会社は、茨城県で貨物および旅客鉄道事業を行う第三セクター方式の鉄道事業者。 ピタヤ;「昔はこういう感じで駅員さんが切符 …